留学体験談
  • 資料請求・お申込み
  • 留学体験談
  • イベント情報

留学体験談

エジンバラ大学で英語教授法を学ぶ 第1回 渡航後インタビュー

YFさん
留学先:エジンバラ大学 The University of Edinburgh
留学分類: 大学院留学
専攻名:国際関係学 英語教授法 MSc TESOL
留学期間:2013年7月〜2014年8月

山田 佐和子さん

2013年7月から、エジンバラ大学修士課程の英語教授法コースに留学中のY.F.さん。仕事を辞め大学院留学に至った経緯や、エジンバラ大学での学生生活についてうかがいました。


1. 留学準備について


なぜ留学を決意したのですか?

大学院で学ぶことが目標でした


大学卒業後、社会人として生活をしていましたが、大学院で学ぶことに常に憧れていましたし、目標でもありました。以前に留学を長くしていたので、大学院に行くなら海外でしか考えていませんでした。


どのようにして留学情報を集めましたか?


beoのウェブサイトを熟読したり、留学イベントに参加して大学担当者から話を聞きました


情報集めに関してはbeo様に大変お世話になりました。beoのウェブサイトを熟読したり、beo開催の留学イベントに参加して、実際に大学担当者から話を聞きました。あとは大学のウェブサイトの念入りなチェック、イギリス人の知り合いやイギリスに留学経験のある友人に連絡を取りました。


なぜ英語教授法コースを受講しようと思ったのですか?


大学院で専門分野を学んで実務に生かしたいと思ったからです


英語を教えるということは、英語力と経験だけでは出来ないことを痛感したからです。大学では別の分野を専攻していたため、大学院できちんと専門分野を学んで実務に生かしたいと思いました。


留学先にイギリス、そしてエジンバラ大学を選んだ理由を教えてください

  • オーストラリアとアメリカは留学経験があるので、次は別の国に行きたいという思いがあった。
  • イギリスの大学院は1年間で卒業できる。
  • エジンバラ大学は世界でも上位にランクイン。
  • カリキュラムに自分の勉強したいクラスが含まれている。
  • 世界遺産の街で1年間勉強できる。


留学準備で最も大変だったことは何でしたか?

仕事をしながら準備しなければいけなかったことです


仕事をしながらの留学準備でしたので、出願書類作成、IELTS対策勉強、ビザの準備をする時間を十分に確保するのが大変でした。この件に関しては、とにかく時間を有効活用することで克服しました。


2. 留学中について


コースを受講しているクラスメイトの国籍や年齢のバランスを教えてください


国際色豊かな環境です


クラスには中国、ギリシャ、イタリア、台湾、サウジアラビア、イギリス、タイ、マレーシア出身の生徒がおり、国際色豊かな環境です。


コースの時間割や課題、授業形式について教えてください


1学期は、1時間の全体講義があり、数日後に2時間の少人数制ワークショップが行われます。講義終了時に、次のワークショップまでに行う課題が提示されます。2学期に入ると、講義とワークショップを同じ日に行う3時間授業もあるので、学校に通う日が少なくなります。


学期中の課題は様々で、リーディング、グループワーク、ポスター作成、ライティングなどが出されます。学期最後の課題は主に4000語のレポート提出ですが、コースによってはグループプレゼンテーションや1000語×4本のレポート提出といった形式もあります。

エジンバラ大学の留学生サポートはいかがですか?


手厚いサポートだと感じました


同大学院のTESOLプログラムには留学生がたくさんいるので、留学生サポートはしっかりしていると感じました。1年を通してチュートリアルが開かれ、成績システムや卒論について学校側から詳しい説明があったので、手厚いサポートだなと感じました。


エジンバラ大学のおすすめしたいところを教えてください


何といっても教育・研究・教授陣の水準の高さです


先生は教鞭を執るだけでなく積極的に研究を行っており、研究者としての知識と経験は非常に刺激になります。エジンバラ大学でとても尊敬できる素晴らしい先生と出会えたことは、大きな収穫となりました。


留学前に準備しておけばよかったと思うことがあれば、教えてください


万全の準備をしていったので、やり残したと感じた事は特にありませんでした。
逆に準備をしていってよかったと思うことは、専攻分野に関する事前勉強、大量のリーディングに慣れること、(時間はかかりますが)生け花・着付けなど日本文化の習得です。


エジンバラはどんな街ですか?


歴史のある美しい街で、多くの緑が存在します


エジンバラは歴史のある美しい街であることに加え、街中にも多くの緑が存在します。市内にPrinces Street Gardens, Arthur's Seat, The Meadowsなど、散歩やハイキングに最適な場所がたくさんあり、気軽に運動を楽しめます。フラットメイトと朝の散歩に出かけては、白鳥のいる湖や手入れされた花畑に驚かされました。街の規模も大きすぎず小さすぎず、いろんなイベントが1年を通して開催されるので、住んでいて飽きることはありません。


滞在先について教えてください


大学の提供するフラットで、自然と友達ができる環境です


大学の提供するフラットで、私を含め合計5名でシェアをしています。大学院生専用のフラットなので静かな環境ですし、同じ大学院で学ぶ生徒から役立つ情報がたくさん得られます。フラットメイトはカナダ、アメリカ、中国からの生徒で、一緒に料理をしたり誕生日パーティーを開いたりして一緒に過ごすことが多いです。
また、寮全体でBBQやハロウィーンパーティー等が開かれるので、自然と友達ができます。


3. 今後について


留学後の目標や、将来のビジョンがあればぜひお聞かせください


教えることももちろん継続していきたいですが、ステップアップとしてカリキュラム開発や教員研修にも関わっていきたいです。


留学したいとお考えの方や、留学を迷っている方へのメッセージをお願いします


まずはできることから始めてみてください


「留学」と漠然と考えると不明点だらけで不安になることもあるかと思いますが、ウェブサイトからの情報集めなど、まずは出来ることから始めてみると塵も積もれば山となるものです。語学面、経済面、周りのサポートなどのハードルを何とかクリアできれば、期待以上の有意義なアカデミックライフが待っていると思います。ご発展をお祈り申し上げます。
★留学に関するご相談はこちらから【無料】
★beoカレッジでは、各種英語コースを開講しています

トップヘ戻る