留学体験談
  • 資料請求・お申込み
  • 留学体験談
  • イベント情報

留学体験談

東北での震災を受けて、留学生たちの行動

最初に、今回の震災で被災された方々へのお見舞いを申し上げます。日本から遠く離れた身にとりましては、これ以上の被害拡大がないことを祈ることしか出来ないのが、歯がゆい限りです・・・

震災発生直後、エディンバラ大学のInternational Student Officeがすぐに、日本人留学生を対象にお見舞いメールを回してきました。通常は
「動きが遅い」
「非機能的」
などと評判が宜しくない(笑)ところですので、素直に驚いてしまいました。

また、震災に伴う特恵措置として、日本人留学生は、申請があれば自動的にセメスター末のレポート(アサインメント)締め切り延長を認められると通達されました。通常ですと、アサインメントの締め切り延長を申し出た場合には減点されるのですが、今回に限り、そういった減点措置もなかったようです。

また、震災発生後、交換留学のUnder Graduateの学生たちが中心となってEdinburgh for Japanという組織を立ち上げまして、3月21日から25日までの約一週間、学内で募金活動を行いました。私自身はレポートに追われていたため、ほとんど手伝うことが出来ませんでしたが・・・セメスターの最終週ではありましたが、相当の額の募金を集めることが出来ました。

この活動に当たって、Facebookが情報交換にフル活用されたことを申し上げます。留学を考えている方は、Facebookのアカウントを取っておくと、あとで重宝すると思います。なお、学内で集まった募金は、赤十字を通して日本に送り届けられることとなっています。

また、今回の震災、および募金活動に際して、エディンバラ大学からの協力に、厚くお礼を申し上げます。

なお、下に、募金活動の一環、チャリティーカフェの写真を添付しました。どうぞご覧ください。今回の募金活動に関しては、とくに日本語学科の全面的なサポートがありましたこと、最後に付け加えさせていただきます。

チャリティーカフェ
チャリティーカフェの様子
トップヘ戻る