留学体験談
  • 資料請求・お申込み
  • 留学体験談
  • イベント情報

留学体験談

エジンバラ大学で歴史学を学ぶ 第2回 プレ・セッションコース

柴田 広志さん
留学先:The University of Edinburgh
留学分類: 大学院留学
専攻:歴史 MSc The Hellenistic World / School of History, Classics and Archaeology
留学期間:2010年7月~2011年8月

柴田 広志さん
本コース(9月中旬開始)が始まる前:プレ・セッションコース(7~9月初旬)

※人によっては5月から開始

時期としては、二つに大別される。
●8月中旬まで:プレ・サマーコース(3~11週間)
●8月中旬以降:アカデミック・スペシャリズムコース(4週間)

カリキュラム
①プレ・サマーコース
初日に試験を実施、その結果に従ってクラスを分ける。
→各専攻による区別は考慮されない

開講場所
●5月からの場合:最初ヒル・プレイス、途中からキングス・ビルディング
●7月からの場合:最初からキングス・ビルディング(←柴田はこのケース)

キングス・ビルディングのロケーション
市街の南郊、カレッジ・ワインドから徒歩40分、バス15分程度。
毎日歩いたらやせます。私はやせました。

②アカデミック・スペシャリズムコース
プレ・サマーからの人も、このスペシャリズムコースからの人も、別々に試験。
その後、各自の専攻によって区別。
→柴田(歴史系:現在はSchool of History, Classics and Archaeology所属)の場合EH(English for Humanities)に配属。当該コースの圧倒的多数は政治学系の学生

開講場所
基本的には、引き続きキングス・ビルディング
TESOL系のみHill Place

スペシャリスト・プロジェクト
各専攻について「近年もっとも顕著な変化があったところ」という主題でレポートを書く。
EHコースの場合:2500語、その他は1500語がスタンダード。
期間:3週間。残りの一週間は、それを基にしたプレゼンなど。この過程で死にそうになりました。

③宿所
●ロケーション:以下2カ所
College Wynd(完全セルフケータリング、ロイヤル・マイル近く)
Causewayside(Pollock Hall、朝食付き)
※IALS本寮は、夏はユーロ・ホステルとして一般観光客の宿泊所となる
●男性は男性、女性は女性で固められる
●4~5人でひとつのフラットを共有
●カレッジ・ワインドの場合、キッチンはひとつ、バス・トイレは二つでした
●プレ・セッションコース終了と同時に、強制的に叩き出されます。
→それ以降:undergraduateの新入生寮になる
●たまにホーム・ステイの人もいる

④キングス・ビルディングでプレ・セッションをやる理由
  
●コンピューター設備が一番整っている
●ヒル・プレイスでは、夏期の語学コースを開設している
→夏のヒル・プレイスは、恐ろしいくらいに日本人学生が多い。西南学院大(九州)・愛知学院大(愛知)などが提携しているらしい。

⑤プレ・セッションコースの教員陣について
  
●数名の常勤を除き、非常勤が授業を担当
→常勤・非常勤の別は、長くいる人に訊いたり、ヒル・プレイスで講師陣の顔ぶれの写真を見れば解る
●非常勤よりも常勤の授業の方が、質も評判も高い
●常勤の多数は、ヒル・プレイスで夏期コースの授業を受け持つ
 
※中国人多し!
トップヘ戻る