留学体験談
  • 資料請求・お申込み
  • 留学体験談
  • イベント情報

留学体験談

定年退職後にエジンバラ大学へ語学留学。
第1回 エジンバラ生活2週間での出逢いと生活

工藤 利幸さん
留学先:エジンバラ大学 The University of Edinburgh
留学分類: 語学留学
専攻名: General English Course
留学期間:2012年9月~2012年12月
beoの留学サポートを利用して留学
渡航前インタビュー 定年退職後にエジンバラ大学へ語学留学。世界に広がる人生を目指して
現地レポート第1回 エジンバラ生活2週間での出逢いと生活
現地レポート第2回 セント・アンドリューズへのバスツアー
現地レポート第3回 ネス湖、ハロウィーン、そしてホームステイのススメ
現地レポート第4回 充実のエジンバラ留学生活もゴール目前
現地レポート第5回 人生一度、留学で確認した新たな目標

※ご注意※ 工藤さんが留学されたエジンバラ大学英語センター(English Language Teaching Centre)の一般英語コース(General English)は、2013年7月以降の開講がありません(アカデミック英語コース(English for Academic Purposes)は開講します)。

工藤利幸さん
エジンバラ大学 The University of Edinburgh は、イギリスのAncient Universityと呼ばれる6大学の中の1校で、長い歴史と伝統を誇るイギリス屈指の名門大学です。
お仕事を定年退職された今、世界に広がる第2の人生を目指して、同大学へ語学留学される工藤利幸さん。

エジンバラに渡航して2週間後、うれしい渡航報告のメールをいただきました。
留学カウンセラーともども、エジンバラに想いを馳せて読ませていただきました。
今回の体験談はそのまま、手紙形式でお送りします。

エジンバラに到着、たくさんの出逢い、うれしい偶然の出逢い

kudo-2_1.jpgご無沙汰しております。
9月15日に成田を立って早2週間が過ぎてしまいました。
この2週間の出来事は、あまりにも日本にいたときと異なってしまい、書くことが多過ぎます。
私にとって幸いしたのはカミさんと一緒にエジンバラに来れたことと、私より先輩の70歳の
小島さんと出会えたことです。

私にとっては1969年、2000年、そして今回の3回目のエジンバラでしたが、
さすがにどこへどのように行ったらいいかとかは分かりませんので、本当に戸惑いました。

振り返りますと成田を出国してから12時間強でロンドンヒースロー航空、
そこでのトランジットは乗り換え時間はたっぷりある筈なのにチェックが厳しく簡単にはいかなくて
わずかな金属に反応してしまい、ボディチェックを受けるはめになってしまいました。
税関で、

「退職し、ここで新しい人生のキャリアアップの為、大学で語学研修を受けに来た」

と説明したら

「貴方の英語はもう充分大丈夫だよ」

とお世辞を言われて気を良くして入国できました。

翌日ホストファミリーに挨拶に行き、今回カミさんと一緒に来たのでホテルに水曜日迄滞在し、
水曜以降お世話になりますと伝えました。
とてもきれいな家で日本の書や絵そして凧が飾ってあり、ファミリーも犬のチカちゃんも
暖かく迎えてくれました。

エジンバラ大学 語学学校、英語で話すのに慣れてきました

大学は私は一般英語コースを選択しましたのですが10人程度の小クラスです。
そして授業はほとんど2、3人が一組となって共同作業で課題に取り組み発表し、
後にその発表について他のグループが感想を言い合い、先生が気が付いた点を発表するやり方です。
宿題もお互いにチェックさせ、その後先生が答え合わせをする方法です。

大きな違いは、大学構内に一歩足を踏み入れてからは全て英語で会話することになりますし、
たとえ日本人同士でも学食で英語で話すのに抵抗をそれ程感じなくなってきています。 
次から次にイタリア人、スペイン人、ロシア人、中国人、韓国人と
入れ替わり立ち替りに話をしていくので、英語の方が自然になってきています。

小島さんとはエジンバラ大学のオリエンテーションで知り合いましたが、わたしより8歳年上で同じ中央大学を卒業し、同じく合気道が趣味という方です。
私は先週の日曜日にあざみ会という合気道クラブで稽古をし、その後行われた子供クラスを教えましたが、
日本でやって来た事と同じ事をしていると感じました。
今週は小島さんも誘って稽古に行きます。
kudo-2_3.JPG
(写真) 真ん中が僕、右が小島さん、もう一人の方はここで知り合った明治大学の学生です。

エジンバラでの生活、9月ですでにダウンジャケットを着用しています

最後にもし私達と同じ思いの方にアドバイスするとしましたら、
とにかく体を鍛えて固い石畳でも耐える足腰をつくることと、寒さ対策を充分にしなければなりません。

信じられないでしょうが、もうダウンを着ています。 
風も強くふきホストファミリーのJosh君が通う高校の屋根が飛んだ位です。
Wifiは大学、ホテル、パブでも一部無料で利用でき、私がいるホストファミリーでも無料Wifiが使えます。
店は1ポンドショップがあり、電池や日常生活品は安いところがあるので日本で用意しなくてもいいのですが、
外食はやや日本より高めです。

又報告をいれます。

kudo-2_2.jpg

留学カウンセラーからのメッセージ

Chiharu.jpgご無事に現地へ到着され学校がスタートされたことをお聞きし、安心いたしました。
久しぶりのエジンバラですので慣れないことも多く大変だと思いますが(そして真夏の日本からの ほぼ真冬のエジンバラの気温の変化も調整が大変かと思います)、工藤様の前向きなお人柄と 積極性で、現地でのネットワークを広げつつ、英語に磨きをかけていただければと思います。 どうぞ、お体に十分気をつけてエジンバラライフを満喫してくださいませ。 次のレポートも、個人的に楽しみにしております。
トップヘ戻る